グーグルアドセンス合格サポート.com

【完全解説】価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)の意味と対処法

価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)の意味と対処法

※この記事は2021年1月21日に更新された最新の情報です。

この記事は「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」と判定されてしまった人のためにその意味と対処法を解説しています。

あなたのブログのどの記事のどの部分が判定に引っかかっているのかはGoogleは教えてくれません。

そのため「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」と判定された意味を理解し、具体的な対処法で修正していくことが求められます。

この記事を読めば適切に修正してアドセンス審査に簡単に合格できるようになるはずです。

スポンサーリンク



  1. 「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」の意味と対処法とは?
    1. 「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」の意味
    2. 「別の情報源からテキスト・コンテンツをコピーしたページ」の意味と改善方法
    3. 「別のサイトでホストされている動画を埋め込んだだけのページで成り立つサイト」の意味と対処法
    4. 「情報として価値のないコンテンツや自動生成されたと考えられる意味不明なコンテンツを含むサイト」の意味と対処法
    5. 「重複コンテンツを掲載するテンプレート・サイトなどの既成のウェブサイト」の意味と対処法
  2. その他の「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」の対処法とは?
    1. 「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」の対処法①記事の文字数を増やす
    2. 「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」の対処法②記事の内容を濃くする
    3. 「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」の対処法③カテゴリー数の割に記事数が少ない
    4. 価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」の対処法④グローバルナビゲーション(メニューバー)・お問い合わせフォーム・プライバシーポリシー・プロフィール等のページを設置していない
  3. まとめ

「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」の意味と対処法とは?

グーグルアドセンス審査の不合格理由の一つに「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」というものがあります。

以下のような通知がGoogleから届きます。

価値の低い広告枠(コンテンツが不十分なサイト)と判定されたときに届くメッセージ

価値の低い広告枠(コンテンツが不十分なサイト)と判定されたときに届くメッセージ

「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」という言葉にはどんな意味があるのでしょうか?

「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」の意味

価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」という判定には、ズバリ「あなたのサイト内には検索ユーザーのニーズを満たせるだけの情報が掲載されたコンテンツ(記事)が足りませんよ」という意味があります。

「価値の低い広告枠」とは、Googleの視点から見るとあなたのブログやサイトは「広告枠」になります。

それはグーグルアドセンスとは、あなたのブログ内やサイト内にアドセンス広告を貼り付けて広告を掲載するタイプだからです。

ですから、
Googleからしてみると、あなたのサイトやブログは広告を掲載するための媒体となるわけです。

なるほど!
だから「広告枠」なんですね!

価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)と判定されるいくつかのマイナス要因があるので詳しく説明しますね。

不合格時に送られてくるグーグルの説明(下記参照)にも書かれていたように、Googleは次の4つを指摘してくれています。

AdSense 広告を表示するサイトでは、ユーザーにとって価値のある情報を掲載することが重要です。それには、ユーザーの関心に沿ったオリジナルなコンテンツを提供し、自動生成されたページやオリジナル コンテンツのほとんどない不適切なページを使用しないようにします。こうした不適切なページには次が含まれますが、これらに限定されません。

  1. 別の情報源からテキスト コンテンツをコピーしたページ
  2. 別のサイトでホストされている動画を埋め込んだだけのページで成り立つサイト
  3. 情報としての価値がないコンテンツや自動生成されたと考えられる意味不明なコンテンツを含むサイト
  4. 重複コンテンツを掲載するテンプレート サイトなどの既製のウェブサイト

詳細については、AdSense プログラム ポリシー、無断複製されたコンテンツに関するヘルプ記事、Google のウェブマスター向けの品質に関するガイドラインをご確認ください。

それでは一つずつ解説していきますね!

スポンサーリンク


「別の情報源からテキスト・コンテンツをコピーしたページ」の意味と改善方法

「別の情報源」とはズバリ「他のサイト」ということになります。

本などの書籍から完全に文章を流用しても、インターネット上にその文章を誰も載せていなければ、あなたが最初にその文章をネットに掲載したことになります。

Googleが判定しているのはあくまでインターネット上に掲載されている情報だけです。

ですから、
対処法として「ネット上にすでにあなたの書きたいことが掲載されているかを確認する作業」をすることがあげられます。

記事を書く前にあなたがこれから書こうとしている内容が、すでに他の誰かによって書かれていないかを確認しないと、もし他の誰かがすでに同じことをブログにアップしていた場合、その記事をコピーしたと判定されてしまうからです。

これは本から文章を流用する場合も注意しなくてはいけません。

あなたが読んだ本は他の誰かも読んでいます。

同じ本を情報源に記事を書く場合、どうしても似たような内容になってしまいます。

本の中の文章をそのまま自分の記事に流用しているブロガーさんはたくさんいます。

それを調べずに参考にした本の文章をそのまま流用してしまうと、先に誰かがその文章を流用していた場合、後からアップするあなたの記事は先に書いた誰かのサイトをコピーしたことになります。

理不尽かもしれませんが仕方のないことです。

なぜなら、
ネットはいつでも早いもの勝ちだからです。

また、
完全に文章が一致していなくても、同じような内容だったり、酷似していると「コピーした」と判定されることがあります。

あなたに故意がなくても、「コピーした」と判定されてしまうので、本を参考にして記事を書くときは「自分の言葉に置き換えて書く」という方法をおすすめします。

あなたの書いた文章が他のサイトと類似していなかを調べることができる便利な「CopyContentDetector」という無料ツールがあります。

とても便利で簡単に使えるのでアドセンス審査期間中は、記事をアップロードする前に「CopyContentDetector」で確認する作業をすることをおすすめします。

しかし、「CopyContentDetector」で調べることができるのは、文章の一致度だけです。

同じような文章を使用している他のサイトを見つけてくれるだけです。

それだけでは足りないのです。

アドセンス審査ではタイトルや内容が類似している記事が他にたくさんあると、文章が一致していなくてもコピー判定してきます。

それを回避する方法があります。

残念ながら、具体的な方法まではこの記事では公開できません。

グーグルアドセンス合格サポートドットコムの有料サービスをご購入いただいた受講生さまに限定でお伝えしている手法になるため、興味のある方はこちらをご購入ください。↓

ご購入はこちら

 

2019年以降、グーグルはオリジナルの情報を高く評価するようになりました。

自身の体験に基づく情報を高く評価するようになった一方、誰かから見聞きした情報は評価の対象から外していく傾向を強めています。

自分が発見して、発信する情報を「1次情報」といいます。

その情報を元にして作られた記事は「2次情報」と呼ばれます。

例えば、あなたが新しい惑星を発見したとします。
その発見をツイッターなどのSNSに投稿します。
これが「新惑星発見!」という1次情報です。
このツイッターを見たTVや新聞社がニュースで取り上げるとそれは「2次情報」ということになります。
さらにそのニュースを見たブロガーさんが自分の記事に「新惑星発見」の記事を書くと「3次情報」ということになりますよね。

グーグルは2次情報、3次情報では高い評価をしてくれなくなりましたので、今後は自分自身の体験に基づくオリジナルの情報を提供していくことが求められています。

アドセンス審査に不合格になっているときは、自分の記事内容をもう一度よく見直してみましょう。

すでにたくさんのライバルが書いてしまっている記事内容ばかりになっていないかを確認してみましょう。

スポンサーリンク



「別のサイトでホストされている動画を埋め込んだだけのページで成り立つサイト」の意味と対処法

Youtubeなどの動画投稿サイトにアップロードされている動画だけを埋め込んだ記事があったり、動画をいくつか貼り付けていて、文章が少ない記事があると「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」と判定されることがあります。

ブログは「文章で情報を伝える媒体」ですから、動画だけの構成はマイナスになります。

また、
動画コンテンツだけでなく、一緒に文章が掲載されていてもその内容が不十分だと同様に判定されます。

ですから、
動画コンテンツはあくまで、ブログの内容を説明する補助的なツールとして使用するのがおすすめです。

しっかり文章で情報を提供して、その補完的なツールとして動画コンテンツを使用するようにすれば、「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」とは判定されません。

どれくらいの文字数があればいいでしょうか?

3000文字以上あればまったく問題ありませんね。

※たとえあなたが製作した動画でも、Youtubeなどの動画投稿サイトにアップロードされている動画をあなたのブログ内に貼り付けている場合は「流用」になります。

スポンサーリンク


「情報として価値のないコンテンツや自動生成されたと考えられる意味不明なコンテンツを含むサイト」の意味と対処法

「情報として価値のないコンテンツ」とは次のような3つの意味があります。

  1. 日記型記事になっている
  2. 検索ユーザーの役に立つような情報ではない
  3. すでに多くの人によって書かれている類似記事である

検索ユーザーが求めているのは「答え」です。

人が「検索機能」を使用するのは、何かわからないことがあるときです。

何か知りたいことがあって検索するのです。

その時求められるのはその答えであり、情報なのです。

検索ユーザーが求めている情報の形になっていない記事はGoogleからしてみると「情報として価値のないコンテンツ」と判定されます。

なぜなら、
情報を提供していない記事は検索されることがないからです。

たとえば、
あなたが「仙台の七夕まつりに行って牛タンを食べてきた」という内容の記事を書いたとします。

その記事をわざわざ検索する人がいるでしょうか?

あなたが有名人ならともかく、あなたがどこに行って、何を食べたかなど、あなたを知らない人にしてみたらどうでもいい情報です。

検索するに値しない情報ですよね。

ですから、
アドセンス審査に求められる記事は誰かの役に立つ「お役立ち型の記事」でなければいけません。

では「自動生成されたと考えられる意味不明なコンテンツを含むサイト」の意味はなんですか?

記事を自動生成してくれるソフトウェアが販売されています。

このようなソフトを使用して作られた記事はGoogleに不正コンテンツとして判定されやすくなります。

また、
他のサイトの記事をコピペしたり、転用した記事の一部だけを修正して書かれた記事なども同様に判定されやすくなります。

自分の言葉で、自分の考えをしっかり書くことが重要になります。

そのため、
あなたが撮ったオリジナルの写真を使ったり、あなたの体験談を掲載したりすることが有効な対処法となります。

スポンサーリンク



「重複コンテンツを掲載するテンプレート・サイトなどの既成のウェブサイト」の意味と対処法

同じキーワードがついた記事タイトルが複数あると「重複コンテンツ」として判定されやすくなります。

たとえば、美容系のブログをつくるとします。

そのとき「ニキビ」について書かれた記事がいくつもあると「重複コンテンツ」と判定されることがあるのです。

  • 食事改善でニキビを治す方法
  • 便秘を解消してニキビを治す方法
  • 背中ニキビの対処法

このような記事を書いていたとします。

そして「食事改善でニキビを治す方法」という記事の中で「便秘」について言及していると、「便秘を解消してニキビを治す方法」は重複コンテンツとして扱われてしまうかもしれません。

「背中ニキビの対処法」の記事内で食事や便秘について言及すると「重複コンテンツ」になってしまうこともあります。

また、以下のような記事のつくり方にも気をつけてください。

  • ニキビ治療に効果的な食べ物①
  • ニキビ治療に効果的な食べ物②
  • ニキビ治療に効果的な食べ物③

上記にように同じキーワードで記事を複数に分けて投稿している場合も危険です。

一つにまとめてしまいましょう。

「重複コンテンツを掲載するテンプレート、サイトなどの既成のウェブサイト」の対処法は、アドセンスの審査中は同じキーワードを使用して記事タイトルをつくらないことです。

たとえば、ニキビについて書くなら一つだけにします。

アドセンスの審査を通過した後に、ニキビについても記事を量産すればいいのですから。

スポンサーリンク


その他の「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」の対処法とは?

上記以外の理由では「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」と判定されるのは簡単な言葉で言うと次の4つの理由があります。

  • 記事内の文字数が少ない
  • 記事の内容が薄い
  • カテゴリー数の割に記事が少ない
  • お問い合わせフォーム・プライバシーポリシー・プロフィール等のページを設置していない

「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」の対処法①記事の文字数を増やす

記事数の多さはアドセンス審査にあまり影響しません。

5記事〜10記事程度あれば十分合格できます。

私の生徒さんたちは平均5記事で合格していますし、最短記録は2記事でした。

重要なのは「情報量」と「情報の質」です。

記事に書かなくてはいけないのは検索ユーザーの役に立つ情報です。

検索ユーザーが求めている「答え」を明確に的確に書く必要があります。

検索ユーザーの悩みや疑問を深読みして、本当に求めている情報について深く言及すると自然と文字数は多くなります。

最低でも5000文字は書けるはずです。ただし、文字数が多ければいいという問題ではありません。

検索ユーザーにとって有益な情報を提供しようとすると必然的に文字数が増えてしまうわけで、意味のない無駄な文章で文字数を増やしてもアドセンス審査には受かりません。

「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」の対処法②記事の内容を濃くする

検索ユーザーのことをよく理解して記事が書けると、情報に網羅性が出せるようになります。

  • 「こんな悩みを持っている人はこんなことも知りたいだろうな」
  • 「これを知りたい人はこんな情報もあったら喜ぶかもな」
  • 「これを知ったらあれも知りたくなるかもな」

このように考えることができれば、関連する情報を記事に盛り込むことができます。

これが「情報の網羅性」を上げることにつながります。

情報を提供したら、リンクをしっかり貼ってあげることで「利便性」が向上します。

たとえば、
おすすめの商品やお店を紹介したとします。

その商品やお店のリンクが貼られていない場合、ユーザーさんがもし興味を持ったら自分で調べなくてはいけなくなります。

あなたの記事を一度離脱して、自分で検索しなくてはいけません。

これってものすごく面倒ですよね?

あなたがしっかりリンクを貼ってあげていれば、検索ユーザーはそのリンクをクリックするだけで済みます。

それだけでとても利便性の高いサイトになりますから、Googleから評価してもらえるサイトになります。

記事の内容を濃くするためには次のことに注意してみましょう。

  • 誰よりも詳しく書いてみる
  • 関連する情報を網羅する
  • 提供した情報に関連する外部リンクを貼る
  • 関連する情報が書かれた内部リンクを貼る※
  • まだ誰も書いていない情報を提供する

※内部リンクとはあなたの書いた別の記事を紹介することです。

内部リンクと外部リンクについてはこちらをご参照ください。

下向き矢印アイコン

有益な外部リンクとは?

 

スポンサーリンク



「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」の対処法③カテゴリー数の割に記事数が少ない

たまに、記事数が10記事でカテゴリーも10個という具合で、カテゴリー数をたくさん増やしているブロガーさんをみかけます。

カテゴリー数ばかり増やしても、中身(コンテンツ)が少ないと「コンテンツの量が不十分なサイト」と判定されることがあります。

カテゴリーの中に記事が入っていない状態にすると コンテンツに量が不十分なサイトと判定される原因になります。

カテゴリーの中に記事が入っていない状態にすると コンテンツに量が不十分なサイトと判定される原因になるので注意

とくに内容の薄い記事を量産して、カテゴリー数を増やしているとアドセンスの審査には受かりません。

カテゴリーを細かく分類して数を増やすことがマイナスとは言いませんが、記事の内容を濃くして、わかりやすいカテゴリー分け(分類)をすることが重要なのです。

アドセンス審査では記事は5つあれば十分合格可能です。

5記事の場合、カテゴリーは多くても2つで十分です。

1つのカテゴリーに2つから3つの記事を入れて審査に出しましょう。

価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」の対処法④グローバルナビゲーション(メニューバー)・お問い合わせフォーム・プライバシーポリシー・プロフィール等のページを設置していない

グローバルナビゲーション(メニューバー)やお問い合わせフォーム、プライバシーポリシーはアドセンス審査に挑戦するなら設置しておいたほうがいいコンテンツです。

無くても合格できた事例があるため、必須というわけではありませんが、「コンテンツの量が不十分」と判定されているのであれば、設置しておいたほうがいいですね。

また、プロフィールを書いていないブロガーさんが多い傾向にあります。

書いていたとしても、十分な情報が提供されていないことも多いです。

プロフィールはとても重要になってきています。

グーグルは情報の信憑性やサイトの権威性を重視し始めたので、ブログを管理している人がどんな人なのかを明確に示していかないと記事の情報に信憑性が担保できないため、高く評価されることはありません。

自分が何者で、どんな知識と経験があってそのブログを書いているのか、自分の提供する情報の正当性をしっかりとアピールしましょう。

文章で書くだけではダメです。

それを裏付ける証明が必要になります。

具体的な方法については、有料のサービスをご購入いただいている受講生さま限定の情報とさせていただいております。

まとめ

誰よりも詳しく書いてみるべし。関連する情報を網羅するべし。提供した情報に関連する外部リンクを貼るべし。関連する情報が書かれた内部リンクを貼るべし。

「価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)」という不合格理由は一番対処しやすく、一番合格させやすい不合格理由です。

なぜなら、不合格理由がとてもシンプルで明快だからです。

この不合格理由が送られてくるときは、文章の通り「コンテンツの量が不十分」だということになります。

ですから、対処法は「コンテンツを充実させる」ということになります。

どうしたらコンテンツを充実させることができますか?

それは次の5つを意識して記事を書くことで解消できるはずです。

  1. 誰よりも詳しく書いてみる
  2. 関連する情報を網羅する
  3. 提供した情報に関連する外部リンクを貼る
  4. 関連する情報が書かれた内部リンクを貼る
  5. 日記型をやめて検索ユーザーの悩みや問題を解決できるような情報を提供する

独学での修正に限界を感じたときは、プロにご相談下さい。

あなたの記事のどこに問題があって、どこをどのように修正したら良いのかを的確にアドバイス致します。

具体的な問題点や改善方法がわかれば合格にかなり近づけると思いませんか?

実際に多くの方が当サービスを受講されて合格してきました。

ココナラで販売実績No1のサービスをご検討下さい。

ココナラで販売実績No1のサービスはこちら

 

Googleアドセンスの不合格理由別に対処法を解説した関連記事はこちら▼

有用性の低いコンテンツと判定されたときの対策

 

価値の低いコンテンツ(コンテンツが存在しない)と判定された

 

この記事を読んで何かご質問やご相談があるときは、コメント欄にメッセージをいただければ、すぐにご返信させていただきます。


スポンサーリンク



コメント